卵殻膜コスメでお馴染み!アルマードから発売中の美容ドリンク☆

卵殻膜美容液が大ヒット中の注目の化粧品メーカーことアルマード。実は美容液以外にもインナーケアアイテムなども発売していることをご存知でしょうか?

なかでも今回ピックアップするのは飲むだけで簡単に全身のお肌が綺麗になってしまうIII型ビューティードリンク。

一体どのような美容成分が配合されており、値段設定はどのくらいなのでしょうか?

早速チェックしていきましょう!

III型ビューティードリンクの配合成分や値段について

III型ビューティードリンクには超微粉砕卵殻膜粉末を始め、素早く実感できる水解卵殻膜がW配合されているほか、元気な毎日へ導く黒酢・貧血予防に効果的な鉄分・抗酸化成分のリコピン・渡り鳥のスタミナ源であるイミダゾールペプチド・話題の健康成分プロテオグリカンと言った成分が贅沢に配合されています。

また、III型ビューティードリンクのメイン成分である卵殻膜エキスは東京大学との共同研究によって製造された質の高い成分とのこと。

元々の値段は3,780円ですが、便利な定期コースを利用することで毎回10パーセント(定期コース特別価格:3.402円)もお得に購入できるほか、送料や代引き手数料も無料になるという嬉しい特典がついてきます。

是非この機会に普段の食生活と合わせてIII型ビューティードリンクを取り入れてみてはいかがでしょうか?

うずらの卵の栄養成分について

同じ卵は卵でも生物によって栄養成分が異なるのではないか?と気になっている方もいるのではないでしょうか?

特にざる蕎麦やざるうどんなどに欠かせないうずらの卵はサイズも小さいため栄養成分が少ないように感じてしまうものですよね。

うずらの卵は100gあたり大体179カロリーで一個分に換算すると大体23カロリーほどになります。

一つ二つ食べたところであまり効果を感じられなさそうと思いがちですが、ビタミンB12やセレンといった成分が鶏卵よりも非常に多く含まれているため女性に嬉しい美肌やダイエット効果が期待できるんだとか。

また、セレンは抗酸化作用が優れているのでしわやたるみなどのトラブルが気になっている方に積極的に摂取して頂きたい成分の一つです。

コレステロールについては100gあたり470mgとのこと。

鶏卵の場合、100gあたり420mgなのでうずらの卵の方が少し高めになってしまいます。

トッピングとして使用する程度であれば特に問題はないと思われますが、例えば大量に割ってオムレツや卵焼きに使用するとなると内臓脂肪なども増えやすくなるのでできれば本格的に卵料理を作る際は鶏卵を使用すると良いでしょう。